【中学生でもわかるIT用語】ライブマイグレーションとは 物語と実際の事例でわかりやすく解説

『ラ行』の用語

ライブマイグレーション

① 物語性を取り入れた説明

中学生のハルトは、コンピュータークラブで新しいプロジェクトに挑戦していました。彼の目標は、学校のウェブサイトをより速く、効率的にすることでした。しかし、サーバーが古くなり、性能が低下していることに気づきました。そこで、先生はハルトに「ライブマイグレーション」という技術について教えました。

先生: 「ハルト、サーバーの性能問題を解決するには、「ライブマイグレーション」が役立つよ。これは、動いているサーバーから別のサーバーへ、ウェブサイトやアプリケーションを停止することなく移動させる技術だ。」

ハルト: 「えっ、サービスを止めずに移動できるんですか?」

先生: 「その通り。例えば、学校のウェブサイトが動いているサーバーが古くなったとしよう。新しいサーバーに移動するとき、ライブマイグレーションを使えば、ウェブサイトは常にオンラインのままで、誰もサービスの停止に気づかない。」

ハルト: 「それはすごいですね!」

ライブマイグレーションの定義: ライブマイグレーションは、稼働中のサーバーから別のサーバーへアプリケーションやデータを移動させる技術であり、このプロセス中、サービスの停止やダウンタイムが発生しないのが特徴です。この技術により、システムのメンテナンスやアップグレードを行う際の利便性が大幅に向上します。

② 実際の事例

あるIT企業では、ライブマイグレーションを活用して、データセンターのメンテナンス作業を効率化しました。サーバーのハードウェアを更新する際に、稼働中のシステムを新しいサーバーに移行し、ユーザーに影響を与えることなく、スムーズに作業を完了させることができました。

③ クイズや小テスト

クイズ1: ライブマイグレーションは何を可能にしますか?

A. サービスの停止時間の長期化
B. 稼働中のサービスのサーバー間移動
C. サーバーの物理的な移動

クイズ2: ライブマイグレーションを使用する主な理由は何ですか?

A. メンテナンスコストの増加
B. サービスの可用性の向上
C. ストレージ容量の減少

クイズ3: ライブマイグレーションに必要なのは何ですか?

A. 速いインターネット接続
B. 互換性のあるハードウェアとソフトウェア
C. 特別な冷却システム

回答

クイズ1の答え: B. 稼働中のサービスのサーバー間移動

クイズ2の答え: B. サービスの可用性の向上

クイズ3の答え: B. 互換性のあるハードウェアとソフトウェア

応用情報技術者平成28年春期 午前問14

応用情報技術者平成28年春期問14 ライブマイグレーションの概念

コメント

タイトルとURLをコピーしました