【中学生でもわかるIT用語】ブリッジとは 物語と実際の事例でわかりやすく解説

『ハ行』の用語

ブリッジ

① 物語性を取り入れた説明: ブリッジ

中学生の賢太郎がコンピュータクラブの先生に興味深い質問をしました。

賢太郎: 先生、ネットワークの世界で「ブリッジ」って何をするんですか?

先生: 賢太郎、ブリッジはネットワークのデータリンク層、つまりOSI基本参照モデルの第2層で動作する重要な機器だよ。それは、まるで2つの町をつなぐ橋のようなもので、異なるネットワークセグメントを接続するんだ。ブリッジは、流れてきたパケットを監視して、必要なものだけを他のセグメントに転送する。これにより、ネットワークの混雑を減らし、全体の効率を向上させることができるんだ。

賢太郎: なるほど。でもどうやって混雑を減らすんですか?

先生: ブリッジは、流れてくるデータパケットのMACアドレスを記憶して、どのデバイスがどのセグメントにあるかを知っているんだ。そして、CSMA/CD方式に従ってパケットを転送することで、ネットワーク上のデータの衝突を抑制するんだよ。

賢太郎: 送付先のIPアドレスが分かっていればいいのではないですか?

先生: 実は、IPアドレスとMACアドレスは異なる役割を持っているんだ。IPアドレスはネットワーク層で使われ、インターネット上でコンピュータを特定するのに使われる。一方、MACアドレスは、データリンク層で使われ、ローカルネットワーク内でデバイスを特定するために必要なんだ。だから、ブリッジは、そのMACアドレスを使って、ローカルネットワーク内のデバイスの位置を把握し、適切にデータを転送するのさ。

賢太郎: なるほど、だからブリッジはネットワークの効率化に役立つんですね!

先生: そうだね。ブリッジは、ネットワークをセグメントに分けて運営することで、それぞれのセグメント内のトラフィックを管理し、ネットワーク全体のパフォーマンスを向上させることができるんだ。それによって、ネットワークの効率が良くなり、データ転送がスムーズになるんだよ。ちなみにIPアドレスを確認して最適な経路へパケットを転送するのはルータの役割だね。

 

実際のIT用語の定義:
ブリッジは、異なるネットワークセグメントを接続し、OSI基本参照モデルのデータリンク層(第2層)で動作するネットワーク機器です。ブリッジは、パケットを監視し、MACアドレスを利用して適切にデータを中継し、CSMA/CD方式に従って通信の効率性とパフォーマンスを向上させます。

② 実際の事例

ブリッジの使用例:

企業ネットワーク
複数の部門やフロアをブリッジで効率的につなぎ、各部門間の通信を最適化。

教育機関
キャンパス内の異なる建物や学部をブリッジで接続し、情報共有をスムーズに行う。

公共施設
図書館や市役所でブリッジを使用して、異なる部署間のネットワーク接続を強化し、情報アクセスを向上させる。

③ クイズや小テスト

クイズ1 ブリッジはOSI基本参照モデルのどの層で動作しますか?

  • A. 物理層
  • B. ネットワーク層
  • C. データリンク層

クイズ2 ブリッジが行う主な機能は何ですか?

  • A. データの格納
  • B. データの転送と分析
  • C. セキュリティの強化

クイズ3 ブリッジが中継する際に利用する方式は何ですか?

  • A. CSMA/CD
  • B. トークンリング
  • C. OSPF

回答

  • クイズ1の回答: C. データリンク層
  • クイズ2の回答: B. データの転送と分析
  • クイズ3の回答: A. CSMA/CD

コメント

タイトルとURLをコピーしました