【中学生でもわかるIT用語】セッションハイジャックとは 物語と実際の事例でわかりやすく解説

『サ行』の用語

セッションハイジャック

① 物語性を取り入れた説明

ある日、中学生のケンスケは友達とオンラインゲームを楽しんでいました。彼らはチームを組み、難敵に立ち向かっていました。ゲームの中で、ケンスケは「勇者ケンスケ」というキャラクターを操作しています。ゲームにはログインして自分のキャラクターを使う必要があり、このログイン情報が「セッション」と呼ばれるもので保護されています。

しかし、ゲームの途中で突然、勇者ケンスケの動きがおかしくなりました。実は、悪意のあるハッカーがケンスケのセッションを盗み、彼のキャラクターを乗っ取ったのです。これが「セッションハイジャック」です。ハッカーはケンスケのキャラクターを使って、ゲーム内で悪さをし始めました。友達は「勇者ケンスケ」の奇行に混乱し、ゲームは大混乱に陥りました。

この物語のように、セッションハイジャックは、インターネット上のセッションを不正に乗っ取り、他人の身分で行動することを指します。重要なのは、ケンスケのような被害者は自分のセッションが乗っ取られていることに気づきにくいという点です。

セッションハイジャックとは:Webサイトとユーザー間の通信セッションを不正に取得し、そのユーザーになりすまして悪意のある操作を行う攻撃手法です。セッションIDを盗むことで実行され、個人情報の窃取や不正操作が可能になります。

② 実際の事例

セッションハイジャックの一般的な事例として、2010年代の一部の大手企業のWebサービスでの攻撃が挙げられます。ハッカーは、公共のWi-Fiネットワークを利用して、ユーザーがサービスにログインしている間にセッションIDを盗みました。その後、盗まれたセッションIDを使用して、ユーザーのアカウントにアクセスし、個人情報を窃取したり、不正な操作を行ったりしました。

この攻撃は、多くのユーザーの個人情報が漏洩する結果につながりました。企業はセキュリティ対策を見直し、セッション管理の強化や、通信の暗号化を強化することで、このような攻撃からユーザーを守る措置を講じました。

セッションハイジャックは個人だけでなく、企業にとっても深刻な脅威となり得ます。適切なセキュリティ対策と意識の高揚が、この種の攻撃を防ぐ鍵となります。

③ クイズや小テスト

クイズ1 セッションハイジャックとは何を意味しているでしょうか?

A. パスワードを盗むこと
B. 通信セッションを不正に乗っ取ること
C. コンピューターウイルスを送り込むこと

クイズ2 セッションハイジャックで最も狙われやすいのはどれでしょうか?

A. ゲームのアカウント
B. 公共のWi-Fiを使用した通信
C. 電話通話

クイズ3 セッションハイジャックを防ぐためには何が重要でしょうか?

A. ゲームをしない
B. パスワードを定期的に変更する
C. 通信の暗号化

回答
  • クイズ1の答え: B. 通信セッションを不正に乗っ取ること
  • クイズ2の答え: B. 公共のWi-Fiを使用した通信
  • クイズ3の答え: C. 通信の暗号化

コメント

タイトルとURLをコピーしました