【中学生でもわかるIT用語】ソフトウェアライフサイクルとは 物語と実際の事例でわかりやすく解説

『サ行』の用語

ソフトウェアライフサイクル

① 物語性を取り入れた説明

プログラマーを目指す中学生のケンスケは、ソフトウェアがどのように生み出されるのか、その全過程について興味津々でした。そこで、彼はパソコン教室の先生に「ソフトウェアライフサイクル」という用語の意味を尋ねました。

ケンスケ: 「先生、『ソフトウェアライフサイクル』ってどんなプロセスなんですか?」

先生: 「ソフトウェアライフサイクルは、システムが考えられてから使われなくなるまでの全ての段階、つまりシステムの一生を指すんだ。大まかに言えば、『企画→要件定義→開発→運用→保守』の五段階のプロセス分けられるよ。これによりシステム全体のライフサイクルにわたり適切な管理を行うことが出来るようになるんだ。まずは企画で、ソフトウェアがどんな問題を解決するのか、何を目指すのかを考える。次に、要件定義で具体的に何が必要かを決めて、その後、開発で実際にコードを書き始めるんだ。」

ケンスケ: 「開発が終わったら、すぐに使えるんですか?」

先生: 「そうじゃないよ。開発が終わったら、運用段階に入り、実際に人が使ってみて、問題がないかをチェックするんだ。そして、問題が見つかったら、それを修正するための保守作業が行われる。このプロセスは繰り返されるから、ソフトウェアは常に更新され、改善されていくんだよ。」

ソフトウェアライフサイクルの定義:ソフトウェアライフサイクルとは、ソフトウェアの企画からそのソフトウェアが終了するまでの全過程を指します。このライフサイクルを通じて、ソフトウェアは計画的に開発され、継続的に改善されていきます。

② 実際の事例

あるIT企業では、新しい会計ソフトウェアの開発プロジェクトを始めたとき、このソフトウェアライフサイクルを念頭に置いてプロジェクトを進めました。要件定義で顧客のニーズを詳細に分析し、開発フェーズでそれを具体的な機能に落とし込みました。リリース後は、顧客からのフィードバックを基に定期的に機能の追加やバグ修正を行う保守作業を続けています。

③ クイズや小テスト

クイズ1:ソフトウェアライフサイクルの初期段階は何ですか?

A. 開発
B. 企画
C. 運用

クイズ2:ソフトウェアのどの段階で顧客のニーズを分析しますか?

A. 保守
B. 運用
C. 要件定義

クイズ3:ソフトウェアライフサイクルで「保守」段階の目的は何ですか?

A. 機能の追加とバグ修正
B. ユーザーインターフェースの改善
C. パフォーマンスの最適化

回答

クイズ1の答え: B. 企画
クイズ2の答え: C. 要件定義
クイズ3の答え: A. 機能の追加とバグ修正

 

応用情報技術者平成21年秋期 午前問65

応用情報技術者平成21年秋期問65 ソフトウェアライフサイクル

コメント

タイトルとURLをコピーしました