【中学生でもわかるIT用語】AESとは 物語と実際の事例でわかりやすく解説

『A』から始まる用語

AES

① 物語性を取り入れた説明

心配性のケイコは、コンピュータセキュリティの進化について学びたいと思っていました。ある日、彼女はパソコン教室の先生に「AES」という用語について尋ねました。

ケイコ: 「先生、『AES』って何ですか?」

先生: 「AES、つまり『Advanced Encryption Standard』は、データを暗号化するための現代的な方法だよ。共通鍵暗号方式の代表的なアルゴリズムだったDESの後継なんだ。これはまるで、秘密のメッセージを安全な金庫に入れるようなものだね。」

ケイコ: 「それはどうして重要なんですか?」

先生: 「AESは、DESの後継として2000年にアメリカ政府の標準として開発されたんだ。DESよりもっと強力で、ブルートフォース攻撃に対しても強いセキュリティを実現するんだ。データを安全に保つために、複雑なアルゴリズムと鍵を使用しているんだ。鍵長は128ビット、192ビット、256ビットの3つから選択できるんだよ」

AESの定義: AES(Advanced Encryption Standard)は、データ暗号化のための強力なブロック暗号方式です。これは、高度なセキュリティと効率性を備え、政府や企業など幅広い分野で広く採用されています。

② 実際の事例

企業や自治体では、AESを使用して機密データを保護しています。例えば、ある金融機関では、取引データをAESで暗号化して、オンラインバンキングシステムの安全性を高めています。

また、自治体では、住民情報を含むデータベースのセキュリティを強化するために、AESを採用しています。これにより、市民のデータが不正アクセスから守られています。

Wi-Fiや無線LAN,SSL/TLS通信など様々なところで使わています。

③ クイズや小テスト

クイズ1 AESの主な機能は何ですか?

A. データ転送の高速化
B. ウイルスの検出と除去
C. データの暗号化

クイズ2 AESはどのようなタイプの暗号方式ですか?

A. 公開鍵暗号方式
B. ブロック暗号方式
C. ストリーム暗号方式

クイズ3 AESが特に重要な理由は何ですか?

A. 低コストで利用できる
B. 強力なセキュリティを提供する
C. インターフェースが使いやすい

回答

クイズ1の答え: C データの暗号化
クイズ2の答え: B ブロック暗号方式
クイズ3の答え: B 強力なセキュリティを提供する

応用情報技術者平成30年秋期 午前問45

応用情報技術者平成30年秋期問45 無線LANのセキュリティプロトコル

コメント

タイトルとURLをコピーしました