【中学生でもわかるIT用語】MITB攻撃とは 物語と実際の事例でわかりやすく解説

『M』から始まる用語

MITB攻撃

① 物語性を取り入れた説明

物語: 昔々、ある王国には、ジェームズという名前の王様の信頼の厚い使者がいました。

ジェームズは、王様と隣国の間の重要なメッセージを運ぶ責任を担っていました。

ある日、悪意のある詐欺師がジェームズになりすまし、彼のメッセージを盗んで悪用し始めました。

詐欺師は、ジェームズのようにふるまいながら、隣国からのメッセージを改ざんしたり、王様への返信に偽情報を加えたりしました。このため、王様と隣国の間の信頼は崩れ、混乱が生じました。

この物語は、マン・イン・ザ・ブラウザ(MITB)攻撃の概念を示しています。MITB攻撃では、サイバー犯罪者がユーザーのブラウザに悪意のあるソフトウェアを仕込み、オンラインでの通信を秘密裏に監視し、改ざんします。ユーザーが銀行のウェブサイトにアクセスすると、攻撃者はその情報を盗み、不正な取引を行うことができます。

実際のIT用語の定義:
マン・イン・ザ・ブラウザ(MITB)攻撃
は、サイバー犯罪者がユーザーのブラウザにマルウェアを仕込み、ユーザーのオンライン活動を監視し、改ざんする攻撃方法です。これにより、攻撃者はオンライン取引の詳細を盗み出したり、取引を改ざんしたりすることができます。特に、オンラインバンキングや電子商取引などの敏感な取引が標的になります。

② 実際の事例

MITB攻撃は、金融機関やオンラインショッピングサイトでの不正取引に使用されます。

例えば、攻撃者はユーザーのオンラインバンキングセッションに介入し、ユーザーが知らないうちに資金を攻撃者のアカウントに振り込むように取引を改ざんします。

また、オンラインショッピングサイトでの購入時に、攻撃者は支払い情報を盗み出し、不正な購入を行います。

③ クイズや小テスト

クイズ1 MITB攻撃の主な目的は何ですか?

  • A. ユーザーのオンライン活動を監視し改ざんする
  • B. ウェブサイトをクラッシュさせる
  • C. ウェブサイトのデザインを変更する

クイズ2 金融機関におけるMITB攻撃の一般的な結果は何ですか?

  • A. ウェブサイトの遅延
  • B. 不正な取引
  • C. 顧客情報の公開

クイズ3 MITB攻撃を防ぐために個人ができることは何ですか?

  • A. 定期的なパスワードの変更
  • B. ブラウザのセキュリティ更新
  • C. ウェブサイトのブックマーク
回答

クイズ1: A. ユーザーのオンライン活動を監視し改ざんする

クイズ2: B. 不正な取引

クイズ3: B. ブラウザのセキュリティ更新

コメント

タイトルとURLをコピーしました