【中学生でもわかるIT用語】キャパシティプランニングとは 物語と実際の事例でわかりやすく解説

『カ行』の用語

キャパシティプランニング(キャパプラ)

① 物語性を取り入れた説明:

さて、今日はサッカーチーム「Tech United」の試合日。

マネージャーであるあなたは、選手たちがどれだけの力を発揮できるか、そしてどれだけの観客がスタジアムに入るのかをちゃんと考えなければならない。

なぜなら、人が多すぎると通路が混雑し、少なすぎると赤字になるからだ。

簡単だけどこれがまさに「キャパシティプランニング」の考え方。

ITの世界でも、サーバーやネットワークの「キャパシティ」(容量)を計画する必要がある。

簡単に言うと、サーバーがどれだけのデータやリクエストを処理できるのか、ネットワークがどれだけの通信を耐えられるのかを事前に予測し、ハード面の性能だけでなく収益や信頼性・拡張性も含めて計画を立てるのがキャパシティプランニング。

例えば、Webサーバーがたくさんのユーザーからアクセスされる場面を想像してみて。

サーバーがその負荷に耐えられないと、サイトはダウンしてしまう。だから、将来の成長やイベント、キャンペーンなどを考慮して、どれだけの「キャパシティ」が必要かを計算しておく必要がある。その結果をもとに、リソースの追加や調整を行う。

 

次に、実際の事例について説明します。

②実際の事例: キャパシティプランニング

ケース1:通信企業

一つの大手通信企業は、ユーザーが急増してデータの通信量も増大していました。この企業はキャパシティプランニング中、データセンターのサーバーとネットワークの負荷を事前に予測します。必要を比較して、必要なアップグレードや拡張を事前に計画しました。

ケース2:都市交通

大都市の地下鉄は、毎日数百万人の乗客を運んでいます。運営者は、ピーク時とオフピークの乗客数を予測して、電車の料金予告や駅のスタッフ配置を最適化します。

ケース3: 病院

病院もまた、キャパシティプランニングが重要な場所です。 流行性の風邪やインフルエンザが蔓延する季節には、病床や医療スタッフ、薬の必要性がございます。 病院はこれを予測して、リソースを正しく配置。


事例 課題 解決策 結果
通信企業 データの増加 サーバー拡張 ユーザー体験の向上
地下鉄 乗客数の変動 収入調整 スムーズな移動
病院 季節性の必要性 病床・スタッフの増員 患者の正しいケア

③クイズや小テスト:

クイズ 1: キャパシティプランニングの際、何を見積もる必要がありますか?

A) 将来のリソースの要求
B) 現在の気温
C) 従業員の年齢

クイズ2:キャパシティプランニングにおいて「ベンチマークテスト」が行われる目的は?

A) 社員のコーヒーの好みを知る
B) システムの性能上限を測定する
C) 新製品のマーケティング戦略を考える

クイズ 3: キャパシティプランニングに関して、何を最適化することが一般的に目標ですか?

A) コスト
B) パフォーマンス
C) AとB両方

回答

クイズ 1: A) 将来のリソース要求

クイズ 2: B) システムの性能上限を測定する

クイズ 3: C) A と B 両方

コメント

タイトルとURLをコピーしました