【中学生でもわかるIT用語】UEMとは 物語と実際の事例でわかりやすく解説

『U』から始まる用語

UEM

①物語性を取り入れた説明: 「UEM」

新入社員のタクヤは、IT部門の鈴木課長に「UEM」について教えてもらう機会がありました。

タクヤ: 「鈴木課長、『UEM』って何ですか?最近よく聞くんですけど、具体的にどういう意味なんですか?」

鈴木課長: 「いい質問だね、タクヤ。『UEM』は統合エンドポイント管理(Unified Endpoint Management)の略で、企業がPCやスマートフォン、タブレットなどのデバイスを一元的に管理するための技術なんだ。」

タクヤ: 「どうやって一元管理するんですか?」

鈴木課長: 「例えば、家庭の電化製品を一つのリモコンで操作するようなイメージだよ。エアコンやテレビ、照明などを個別にリモコンで操作するのは面倒だよね。UEMはそれと同じで、さまざまなデバイスを一つの管理プラットフォームで操作するんだ。

タクヤ: 「それだと管理が楽になりそうですね。具体的にはどんなことができるんですか?」

鈴木課長: 「例えば、デバイスの設定を一括で変更したり、ソフトウェアのアップデートを一斉に行ったりできるんだ。さらに、セキュリティ対策として、紛失や盗難に遭ったデバイスを遠隔でロックしたりデータを消去したりすることもできるんだよ。」

タクヤ: 「それは便利ですね。でも、そんなにたくさんのデバイスを一度に管理するのは難しそうです。」

鈴木課長: 「そうだね。でも、UEMを使うことで、その難しさが大幅に軽減されるんだ。例えば、ある会社では全社員に配布したスマートフォンをUEMで管理しているんだけど、ソフトウェアのバージョンアップやセキュリティパッチの適用が簡単にできるようになったんだ。」

タクヤ: 「なるほど、企業にとっては大きなメリットがありそうですね。」

鈴木課長: 「その通りだよ。UEMは企業のIT管理を効率化し、セキュリティを強化するための重要なツールなんだ。」

UEMの仕組み

タクヤ: 「UEMの仕組みってどうなっているんですか?」

鈴木課長: 「UEMは、デバイス管理の中心的なプラットフォームで、すべてのデバイスから情報を収集し、それを一元管理するんだ。具体的には、以下のような機能があるよ:

  1. デバイスの登録とプロビジョニング: 新しいデバイスをシステムに登録し、企業のポリシーに従った設定を自動的に適用する。
  2. ソフトウェアとパッチ管理: ソフトウェアの配布やセキュリティパッチの適用を一括で行う。
  3. セキュリティ管理: デバイスの暗号化、リモートロック、データ消去など、セキュリティポリシーを適用する。
  4. モニタリングとレポート: デバイスの使用状況やセキュリティ状態を監視し、定期的にレポートを生成する。

これらの機能を統合することで、企業全体のデバイスを効率的かつ安全に管理できるんだ。」

MDMやEMMとの関係と違い

タクヤ: 「MDMやEMMとはどう違うんですか?」

鈴木課長: 「いい質問だね。MDM(Mobile Device Management)は主にモバイルデバイスを管理するための技術で、デバイスの設定やセキュリティを管理するんだ。EMM(Enterprise Mobility Management)はMDMよりも広範な管理を提供し、アプリケーションやコンテンツ管理も含まれるUEM(Unified Endpoint Management)はさらに進化したもので、PCやIoTデバイスも含むすべてのエンドポイントを統合して管理できるんだ。」

MDM EMM UEM
管理対象 モバイルデバイス モバイルデバイス + アプリケーション すべてのエンドポイント
管理範囲 デバイス設定とセキュリティ デバイス、アプリケーション、コンテンツ デバイス、アプリケーション、コンテンツ、IoT

UEMのメリット

タクヤ: 「UEMのメリットって何ですか?」

鈴木課長: 「これまで話したことと重なるけどUEMにはいくつかの大きなメリットがあるよ:

  1. 一元管理が楽になる: すべてのデバイスを一つのプラットフォームで管理できるため、管理が簡単になる。
  2. 生産性向上: 自動化されたプロビジョニングや更新作業により、IT部門の負担が減り、他の重要な業務に集中できる。
  3. 管理コストのカット: 一元管理により、複数のツールやシステムを使う必要がなくなり、コストが削減される。
  4. セキュリティの向上: デバイスの状態を常に監視し、迅速にセキュリティ対策を講じることができるため、全体的なセキュリティが向上する。」
UEMの定義: 統合エンドポイント管理(Unified Endpoint Management: UEM)は、企業がPC、スマートフォン、タブレットなどのさまざまなデバイスを一元的に管理・保護するための技術です。

その他のUEMの事例

  1. 製造業の企業
    • 使用例: 工場内で使用される数百台のタブレットをUEMで管理。これにより、各タブレットのソフトウェア更新やセキュリティパッチの適用が迅速に行えるようになり、生産性が向上。
  2. 金融業の企業
    • 使用例: 社員が使用するノートPCとスマートフォンをUEMで一元管理。これにより、セキュリティリスクの低減や紛失時のデバイスロックが迅速に行えるように。
  3. 自治体
    • 使用例: 市民サービス向上のために導入したタブレットをUEMで管理。各部署で異なる設定やアプリケーションを管理する手間が省け、全体の運用がスムーズに。

➂クイズや小テスト: 「UEM」の理解を確認するためのクイズ

クイズ1 UEMの目的は何ですか?

A. デバイスの個別管理
B. デバイスの一元管理
C. デバイスの購入

クイズ2 UEMでできることは何ですか?

A. デバイスの遠隔ロック
B. デバイスの修理
C. デバイスの製造

クイズ3 UEMを導入するメリットは何ですか?

A. IT管理の効率化とセキュリティの強化
B. デバイスの購入コスト削減
C. デバイスのサイズ縮小

回答

クイズ1: B
クイズ2: A
クイズ3: A

コメント

タイトルとURLをコピーしました