【中学生でもわかるIT用語】ビット誤り率とは 物語と実際の事例でわかりやすく解説

『ハ行』の用語

① 物語性を取り入れた説明: ビット誤り率

中学生のユウキがコンピュータクラブの先生に「ビット誤り率」について質問しました。

ユウキ: 先生、ビット誤り率って何ですか?

先生: ユウキ、ビット誤り率は、データ伝送の際にどれだけの誤りが発生するかを示す指標だよ。例えば、1000ビットのデータを送ったときに1ビットが間違っていたら、ビット誤り率は0.1%となるね。これは、通信の品質を測るために非常に重要な指標だよ。

ユウキ: それはどうして重要なんですか?

先生: データ通信では、情報を正確に伝えることが大切だからね。ビット誤り率が高いと、伝えたい情報が正しく伝わらない可能性が高くなる。特に、衛星通信やモバイル通信など、長距離の通信を行う場合には、ビット誤り率が通信品質を左右するんだ。

ビット誤り率=誤りが生じたビット数÷送信ビット数
実際のIT用語の定義:
ビット誤り率(Bit Error Rate, BER)は、データ伝送中に生じるビットの誤りの割合を示す指標です。これは、伝送されたビット数に対する誤ったビット数の割合で計算され、通信の品質を測定するために使用されます。

② 実際の事例

ビット誤り率の使用例:

衛星通信:
宇宙から地球にデータを送信する際、ビット誤り率を低く保つことで信号の品質を維持する。

モバイルネットワーク:
携帯電話の通信品質を測定し、改善するためにビット誤り率を分析する。

データセンター:
高速で大量のデータを処理する際、ビット誤り率を低減することで通信エラーを減らし、効率的なデータ処理を実現する。

③ クイズや小テスト

クイズ1: ビット誤り率が重要な理由は何ですか?

A. 通信コストを削減するため
B. 通信の品質を測るため
C. データの速度を上げるため

クイズ2: ビット誤り率が特に注目される通信方法はどれですか?

A. 短距離無線通信
B. ローカルエリアネットワーク
C. 長距離衛星通信

クイズ3: ビット誤り率を改善する方法は何ですか?

A. エラー訂正符号を使用する
B. 通信速度を下げる
C. データ量を増やす

回答

クイズ1の回答: B. 通信の品質を測るため
クイズ2の回答: C. 長距離衛星通信
クイズ3の回答: A. エラー訂正符号を使用する

応用情報技術者平成30年春期 午前問33

伝送速度30Mビット/秒の回線を使ってデータを連続送信したとき,平均して100秒に1回の1ビット誤りが発生した。この回線のビット誤り率は幾らか。

ア: 4.17×10-11
イ: 3.33×10-10
ウ: 4.17×10-5
エ: 3.33×10-4

回答

 

1秒で30Mビットの転送量なので100秒で3000Mの送信ビット数となる。

3000Mビットは3,000,000,000ビット

ビット誤り率=誤りが生じたビット数÷送信ビット数のため、

1÷3,000,000,000=0.0000000033333…

3桁の有効数字と指数表記で表すと小数点を右に10移動させるため3.33×10-10

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました