【中学生でもわかるIT用語】ペネトレーションテストとは 物語と実際の事例でわかりやすく解説

『ハ行』の用語

ペネトレーションテスト

① 物語性を取り入れた説明

心配性のケイコは、コンピュータセキュリティに興味を持っていました。パソコン教室の先生に「ペネトレーションテスト」という言葉を聞き、その意味を尋ねました。

ケイコ: 「先生、『ペネトレーションテスト』って何ですか?」

先生: 「ペネトレーションテストは、セキュリティに脆弱性がないかを試すためにシステムやネットワークに意図的な攻撃を行うことだよ。これはまるで、小学校の時によくやっていた避難訓練みたいなものだね。」

ケイコ: 「それはどうして重要なんですか?」

先生: 「ファイアウォールや公開サーバに侵入できないことを確認し、システムやネットワークの脆弱性を見つけ、修正するためだよ。セキュリティの弱点を知ることで、それを強化し、本物の攻撃から守ることができるんだ。」

ケイコ: 「それってホワイトハッカーというやつですか?」

先生: 「正解だね、ケイコ。ペネトレーションテストを実行する専門家を『ホワイトハッカー』または『エシカルハッカー』と呼ぶことがあるよ。彼らは、悪意のあるハッカーとは違い、セキュリティを改善するためにハッキング技術を使うんだ。」

ケイコ: 「じゃあ、ホワイトハッカーはいいハッカーということですね。」

先生: 「その通り。彼らは悪用することなく、システムのセキュリティをテストし、脆弱性を発見して報告する。これによって、企業や組織はその弱点を修正し、より堅固なセキュリティを構築できるんだ。」

ペネトレーションテストの定義ペネトレーションテストは、コンピュータシステム、ネットワーク、またはウェブアプリケーションのセキュリティを評価するために、意図的に安全な環境で攻撃を行うプロセスです。このテストは、潜在的な脆弱性を識別し、修正することを目的としています。

② 実際の事例

多くの企業や自治体では、ペネトレーションテストを定期的に実施しています。例えば、ある銀行はオンラインバンキングシステムのペネトレーションテストを行い、顧客の財務データを保護するためにセキュリティ対策を強化しました。

また、市役所では、公式ウェブサイトに対するペネトレーションテストを実施し、市民の個人情報を扱うデータベースのセキュリティを強化しています。これにより、サイバー攻撃からの保護が図られています。

➂ クイズや小テスト

クイズ1 ペネトレーションテストの主な目的は何ですか?

A. インターネット速度の向上
B. セキュリティの脆弱性の発見
C. ソフトウェアの自動更新

クイズ2 ペネトレーションテストで一般的に使用される技術は何ですか?

A. ソーシャルメディア分析
B. データベースの最適化
C. エシカルハッキング

クイズ3 ペネトレーションテストは通常どこで行われますか?

A. クラウド環境
B. ユーザーのデバイス上
C. 安全なテスト環境

回答

クイズ1の答え: B セキュリティの脆弱性の発見

クイズ2の答え: C エシカルハッキング

クイズ3の答え: C 安全なテスト環境

応用情報技術者平成30年秋期 午前問59

応用情報技術者平成30年秋期問59 最も適合するチェックポイント

コメント

タイトルとURLをコピーしました