【中学生でもわかるIT用語】JavaScriptとは 物語と実際の事例でわかりやすく解説

『J・K』から始まる用語

JavaScript

① 物語性を取り入れた説明: 「JavaScript」

中学生のマサキは、放課後にプログラミング教室に通い始めました。ある日、教室の先生がマサキに「JavaScript」について教える機会がありました。

マサキ: 「先生、JavaScriptって何ですか?最近よく耳にするんですけど、具体的に何をするものなんですか?」

先生: 「いい質問だね、マサキ。JavaScriptはウェブページをもっと面白く、便利にするためのプログラミング言語なんだ。例えば、普段見ているウェブページには、文字や画像が表示されるだけじゃなくて、ボタンを押したらメニューが開いたり、画像がスライドしたりするよね。それを実現しているのがJavaScriptなんだよ。」

マサキ: 「ええ、よく見ますね。でも、どうやってそれをやっているんですか?」

先生: 「ウェブページは基本的に3つの要素で作られているんだ。まず、HTMLはページの骨組みを作るもので、見出しや段落、画像の位置を決めるんだ。次に、CSSはページの見た目を整えるもので、文字の色や大きさ、背景の色などを決める。最後に、JavaScriptはページに動きをつけるものなんだ。だから、HTMLが家の設計図、CSSがその家のインテリア、JavaScriptがその家の設備や家電のようなものだね。」

マサキ: 「なるほど。JavaScriptが家の設備や家電みたいな役割をしてるんですね。」

先生: 「その通り。例えば、あるボタンをクリックすると、新しい情報が表示されたり、画像が変わったりするのはJavaScriptの力なんだ。もう少し具体的に言うと、JavaScriptはブラウザ内で実行される言語で、ブラウザのDOM(Document Object Model)という仕組みを使って、ウェブページの内容や見た目を動的に変更することができるんだ。」

マサキ: 「DOMってガンダムみたいですね。どんな仕組みなんですか?」

先生: 「DOMは、ウェブページの構造を木のような形で表現したものなんだ。JavaScriptを使うと、このDOMを操作して、ページの内容や見た目を変えることができるんだよ。」

マサキ: 「具体的にはどうやって操作するんですか?」

先生: 「例えば、ボタンをクリックしたら、特定の部分のテキストを変えたり、画像を差し替えたりすることができるんだ。JavaScriptはその命令をブラウザに伝える役割をしているんだよ。」

マサキ: 「なるほど。JavaScriptっていつ頃から使われ始めたんですか?」

先生: 「JavaScriptは1995年にNetscape社が開発したんだ。当時はウェブページが静的なものばかりで、動的な要素を追加するためにJavaScriptが生まれたんだ。これによって、ウェブページがよりインタラクティブになり、使いやすくなったんだよ。」

マサキ: 「それってすごいですね!他のプログラミング言語とどう違うんですか?」

先生: 「良い質問だね。Javaはアプリケーション開発に使われることが多く、Pythonはデータ分析や機械学習に使われることが多いんだ。一方、JavaScriptは主にウェブページを動的にするために使われるんだ。用途がそれぞれ違うんだよ。」

マサキ: 「わかりました。JavaScriptはウェブページをもっと楽しく、便利にするための言語なんですね!なにか理解を深めるおススメの本はありますか?」

先生: 「プログラミング言語を擬人化した『はたらくプログラミング』がおススメだよ。擬人化されたJavaScriptが新入社員として配属され、棟梁のHTMLや美術担当のCSS、仕入れ担当のPHPなども出てくるんだ。どの言語がどんな役割かを覚えるくらいの初心者にお勧めだよ。」

JavaScriptの定義: JavaScriptは、ウェブページを動的にし、インタラクティブな機能を提供するためのプログラミング言語です。ブラウザ内で実行され、HTMLやCSSと連携して動作します。

 

② 実際の事例: 企業や自治体などで「JavaScript」の使用例

企業の事例:

ある大手Eコマース企業は、JavaScriptを活用してユーザー体験を向上させています。具体的には、商品検索時のオートコンプリート機能や、商品の詳細ページでの画像ギャラリー、カートに追加された商品のリアルタイム更新など、様々なインタラクティブな機能をJavaScriptで実現しています。

企業名 使用例
大手Eコマース企業 商品検索のオートコンプリート機能、画像ギャラリー、カートのリアルタイム更新などでJavaScriptを活用
地方自治体 オンライン申請フォームの入力支援、地図情報の表示、フィードバックのリアルタイム反映にJavaScriptを使用

この企業では、JavaScriptフレームワークのReactを導入し、ユーザーインターフェースを効率的に構築しています。Reactはコンポーネントベースのアプローチを採用しており、再利用可能なUIコンポーネントを作成することで、開発効率を大幅に向上させています。

また、リアルタイムでのデータ更新が求められる機能については、JavaScriptのWebSocketを利用してサーバーとの双方向通信を実現し、ユーザーがページをリロードすることなく最新の情報を取得できるようにしています。

自治体の事例:

ある地方自治体では、市民向けのオンラインサービスを提供するためにJavaScriptを活用しています。例えば、オンラインでの申請フォームの入力支援機能や、リアルタイムでの地図情報の表示、市民からのフィードバックをリアルタイムで反映する機能などがJavaScriptで実現されています。

自治体名 使用例
地方自治体 オンライン申請フォームの入力支援、地図情報の表示、フィードバックのリアルタイム反映にJavaScriptを使用

この自治体では、JavaScriptVue.jsというフレームワークを採用しており、柔軟なコンポーネント設計を通じて、市民にとって使いやすいインターフェースを提供しています。

また、地図情報の表示にはLeafletというJavaScriptライブラリを利用しており、動的な地図データの表示と操作をスムーズに行うことができるようになっています。

これにより、市民は自分の住んでいる地域の情報を簡単に確認でき、必要な手続きをスムーズに行うことができるようになりました。

③ クイズや小テスト: 「JavaScript」の理解を確認するためのクイズ

クイズ1: JavaScriptは何のために使われるプログラミング言語ですか?

A. データ分析
B. ウェブページの動的な機能を追加する
C. ゲーム開発

クイズ2: JavaScriptが初めて導入されたのはいつですか?

A. 1995年
B. 2000年
C. 2010年

クイズ3: JavaScriptはどこで実行されますか?

A. サーバー
B. デスクトップアプリ
C. ブラウザ

回答
  1. B
  2. A
  3. C

コメント

タイトルとURLをコピーしました