【中学生でもわかるIT用語】RSAとは 物語と実際の事例でわかりやすく解説

『R』から始まる用語

RSA

① 物語性を取り入れた説明:

ある日、3人の天才科学者、Rivestさん、Shamirさん、そしてAdlemanさんが集まりました。

彼らは、世界を驚かせる新しい暗号システムを考え出したのです。

このシステムをRSAと名付けました。

想像してみてください、大切な手紙を特別な封筒に入れて送るようなもの。
この封筒は特別で、誰でも手紙を入れることはできますが、開けることができるのは、特定の鍵を持った人だけ。

RSAは、この魔法のような封筒の役割を果たしています。

② 実際の事例:

インターネットでのショッピングや銀行の取引を安全に行うため、RSAのような暗号技術が活用されています。

例えば、オンラインでゲームのアイテムを購入するときや、友達とのチャットの際に、私たちの情報が第三者に見られないように保護されています。

③ クイズや小テスト:

  1. RSAという名前は、何人の科学者の名前から来ていますか?
    • a) 2人
    • b) 3人
    • c) 4人
  2. RSAは、どのような時に日常生活で使用されることが多いですか?
    • a) 料理をする時
    • b) オンラインショッピングやゲーム
    • c) 音楽を聴く時
  3. RSAは何のための技術ですか?
    • a) 写真をきれいに見せる
    • b) 早く走る
    • c) 情報を安全に保護する
回答:
  1. b) 3人
  2. b) オンラインショッピングやゲーム
  3. c) 情報を安全に保護する

コメント

タイトルとURLをコピーしました