【中学生でもわかるIT用語】ヘテロジニアスマルチコアプロセッサとは 物語と実際の事例でわかりやすく解説

『ハ行』の用語

ヘテロジニアスマルチコアプロセッサ

① 物語性を取り入れた説明: 「ヘテロジニアスマルチコアプロセッサ」

新入社員のケンスケは、最新の技術を学ぶためにIT企業の先輩である鈴木課長と話していました。ある日、課長はケンスケに「ヘテロジニアスマルチコアプロセッサ」について教える機会がありました。

ケンスケ: 「課長、ヘテロジニアスマルチコアプロセッサって何ですか?名前からして難しそうなんですけど。」

鈴木課長: 「いい質問だね、ケンスケ。ヘテロジニアスマルチコアプロセッサは、異なる種類のコアを組み合わせて1つのプロセッサを構成する技術なんだ。例えば、パソコンの中に速くて力持ちのコアと、省エネで少しだけ力持ちのコアが一緒に入っているようなものだよ。」

ケンスケ: 「それって、どういう利点があるんですか?」

鈴木課長: 「いい例えとして、学校の運動会を考えてみよう。運動会には短距離走やマラソン、玉入れなどいろんな競技があるよね。それぞれの競技に適した選手がいるように、ヘテロジニアスマルチコアプロセッサも、重い作業をするための強力なコアと、軽い作業を効率的にこなすための省エネコアがあるんだ。これにより、コンピュータはさまざまなタスクを最適な方法で処理できるんだよ。」

ケンスケ: 「なるほど。それは効率的ですね。でも、ヘテロジニアスマルチコアプロセッサっていつから使われるようになったんですか?」

鈴木課長: 「この技術は、特にスマートフォンやタブレットなどのモバイルデバイスで多く使われているんだ。2010年代初めから広まり始めて、今では多くのデバイスに搭載されているよ。例えば、ARM社のbig.LITTLEアーキテクチャが有名だね。」

big.LITTLE
Arm big.LITTLEテクノロジーは、2種類のプロセッサーを使用するヘテロジニアスプロセッシングアーキテクチャです。

ケンスケ: 「スマートフォンでも使われているんですね。パソコンにも使われているんですか?」

鈴木課長: 「最近では、パソコンやサーバーでもヘテロジニアスマルチコアプロセッサが使われ始めているんだ。さまざまなタスクを効率的に処理するために、異なる種類のコアを組み合わせるのはとても有効だからね。」

ヘテロジニアスマルチコアプロセッサの定義: ヘテロジニアスマルチコアプロセッサは、異なる種類のコア(例えば、高性能コアと省電力コア)を組み合わせて1つのプロセッサを構成し、さまざまなタスクを効率的に処理するための技術です。

② 実際の事例: 企業や自治体などで「ヘテロジニアスマルチコアプロセッサ」の使用例

企業/自治体 使用例
スマートフォン業界 Apple社は、iPhoneにAシリーズチップを搭載。高性能コアと高効率コアを組み合わせて、パフォーマンスとバッテリー寿命の両立を実現。

【後藤弘茂のWeekly海外ニュース】ヘテロジニアスマルチコア構成となったiPhone 7のA10 – PC Watch (impress.co.jp)

ゲーム業界 Sonyは、PlayStationにカスタムのヘテロジニアスマルチコアプロセッサを使用。高性能なゲーム体験とエネルギー効率を両立。

ゲーム機とCPU(5) – ソニーのPlayStationシリーズ – 吉川明日論の半導体放談(76) | TECH+(テックプラス) (mynavi.jp)

③ クイズや小テスト: 「ヘテロジニアスマルチコアプロセッサ」の理解を確認するためのクイズ

クイズ1  ヘテロジニアスマルチコアプロセッサの主な利点は何ですか?

A. タスクを効率的に処理できる
B. 容量を増やすことができる
C. 温度を下げることができる

クイズ2 ヘテロジニアスマルチコアプロセッサはどのデバイスで一般的に使用されている?

A. デジタルカメラ
B. スマートフォン
C. MP3プレイヤー

クイズ3 ヘテロジニアスマルチコアプロセッサが広まり始めた時期はいつですか?

A. 2000年代初め
B. 2010年代初め
C. 2020年代初め

回答
  1. A
  2. B
  3. B

応用情報技術者試験

応用情報技術者令和5年秋期問8 目的の異なる複数コアを搭載したプロセッサ|応用情報技術者試験.com (ap-siken.com)

コメント

タイトルとURLをコピーしました