【中学生でもわかるIT用語】Webサーバとは 物語と実際の事例でわかりやすく解説

『W』から始まる用語

Webサーバとは

① 物語性を取り入れた説明: Webサーバ

中学生のアユミが、コンピュータクラブの先生に「Webサーバ」について質問しました。

アユミ: 先生、Webサーバって何ですか?それとwwwとはどう違うんですか?

先生: アユミ、Webサーバはインターネット上でウェブページやアプリケーションを提供するコンピュータシステムだよ。www、つまりワールド・ワイド・ウェブは、インターネット上の情報やページの巨大な網のこと。このwww上にあるページやデータを提供しているのがWebサーバなんだ。例えば、これはまるで図書館と図書館の本に似ているね。図書館がWebサーバで、本がwww上のウェブページに当たるんだよ。

アユミ: なるほど、Webサーバがウェブページを提供する場所なんですね。

先生: 正解。WebサーバはユーザーがWebブラウザを通じてアクセスするウェブページを保存し、提供する役割を持っているの。サーバの仕事は基本的に要求されたファイルを渡すだけで、データの形を変えたり特別な処理をするのはWebブラウザなんだ。

実際のIT用語の定義:
Webサーバ(Web Server)は、インターネット上でウェブページやウェブベースのアプリケーションをホスティングし、提供するコンピュータシステムです。これは、HTTP(Hypertext Transfer Protocol)を使用してWebページをユーザーのWebブラウザに送信し、インターネット上で情報の共有やサービスの提供を可能にします。

② 実際の事例

企業ウェブサイトのホスティング:
企業はWebサーバを使用して自社のウェブサイトをホストし、製品情報や企業情報を公開。

オンラインストア:
電子商取引業者はWebサーバを利用して製品カタログ、注文処理システムなどを運営し、オンラインでのショッピングを提供。

コンテンツ管理システム:
ニュースサイトやブログはWebサーバ上のコンテンツ管理システムを使用して、記事やマルチメディアコンテンツを定期的に更新し提供。

③ クイズや小テスト

クイズ1: Webサーバの主な役割は何ですか?

A. データ分析
B. ウェブページの提供
C. オンラインゲームのホスティング

クイズ2: Webサーバが主に使用するプロトコルは何ですか?

A. SMTP
B. FTP
C. HTTP

クイズ3: wwwとWebサーバの関係は何ですか?

A. 同じ意味
B. wwwはWebサーバを使用する
C. Webサーバはwwwを構成する

回答

クイズ1の回答: B. ウェブページの提供

クイズ2の回答: C. HTTP

クイズ3の回答: C. Webサーバはwwwを構成する

コメント

タイトルとURLをコピーしました