【中学生でもわかるIT用語】URLとは 物語と実際の事例でわかりやすく解説

『U』から始まる用語

URL

① 物語性を取り入れた説明: URL

中学生のマサキが先生に「URL」について質問しました。

マサキ: 先生、URLって何ですか?

先生: マサキ、URLは「Uniform Resource Locator」の略で、インターネット上の場所を指定するアドレスのことだよ。これはまるで、街の地図で特定の店や建物を見つけるための住所のようなもの。地図で住所を見つけるように、URLを使って特定のウェブページを見つけるんだ。

マサキ: URLにはどんな情報が含まれているんですか?

先生: URLには、ウェブサイトのアドレス、その中の特定のページ、またはそのページ上の特定の部分に直接アクセスするための情報が含まれているよ。これにより、インターネット上で情報を効率的に探し出すことができるんだ。

 

マサキが続けて先生に「URL」について質問しました。

マサキ: 先生、URLって具体的にどんな部分があるんですか?

先生: マサキ、URLはいくつかの部分に分けられるよ。例えば、https://www.example.com/folder/page.html」では、「https://」がプロトコルwww.example.com」がドメイン名、「/folder/」がディレクトリ名、そして「page.html」がファイル名にあたるんだ。

マサキ: プロトコルって何ですか?

先生: プロトコルは、ウェブサイトにアクセスするための方法を示すんだ。ほとんどのウェブサイトでは「http」またはセキュリティが強化された「https」を使うよ。

マサキ: じゃあ、ドメイン名は?

先生: ドメイン名はウェブサイトの住所のようなもの。それによって、インターネット上の特定のサーバーにアクセスするんだ。

マサキ: ディレクトリ名ファイル名はどういう意味ですか?

先生: ディレクトリ名はウェブサイト内の特定のセクションやカテゴリを指し、ファイル名はそのセクション内の特定のページやリソースを表しているんだ。

 

実際のIT用語の定義:
URL(Uniform Resource Locator)は、インターネット上のリソースを特定するためのアドレスです。ウェブページの場所や特定のオンラインリソースにアクセスするための情報を含み、インターネットブラウザによって解釈されます。

② 実際の事例: URLの使用例

企業ウェブサイト:
企業は自社の製品やサービスに関する情報を公開するためにURLを使用します。顧客がURLを通じて企業のウェブサイトにアクセスし、製品情報や連絡先などを確認できます。

オンラインマーケティング:
URLはオンライン広告やメールマーケティングにおいて、特定のキャンペーンページや商品ページへのリンクとして使用されます。

教育機関:
学校や大学では、教育関連の情報、オンラインコース、資料へのアクセスを提供するためにURLを活用しています。

③ クイズや小テスト

クイズ1: URLは何の略ですか?

A. User Resource Location
B. Uniform Resource Locator
C. Unique Request Link

クイズ2: URLの主な目的は何ですか?

A. インターネット上のリソースを特定する
B. ウェブサイトのデザインを決める
C. ウェブページの速度を上げる

クイズ3: URLが直接指すものは何ですか?

A. インターネットアドレス
B. 電子メールアドレス
C. デジタル証明書

回答

クイズ1の回答: B. Uniform Resource Locator
クイズ2の回答: A. インターネット上のリソースを特定する
クイズ3の回答: A. インターネットアドレス

 

応用情報技術者平成27年秋期 午前問35

応用情報技術者平成27年秋期問35 URL

コメント

タイトルとURLをコピーしました