【中学生でもわかるIT用語】スプーリングとは 物語と実際の事例でわかりやすく解説

『サ行』の用語

スプーリング

① 物語性を取り入れた説明

昔々、あるところに「スプリー」という名の小さな郵便局がありました。この郵便局には、たくさんの手紙が毎日届けられました。スプリー郵便局の仕事は、それらの手紙を各家庭に届けることでした。

しかし、手紙の量はとても多く、郵便配達員「ポストくん」は一度に全部の手紙を運べませんでした。そこで、スプリー郵便局は賢い方法を思いつきました。届いた手紙を一箇所に「一時保管」して、ポストくんが運べる量だけを順番に配達するのです。これにより、手紙はすぐに配達されるわけではないですが、スループット、つまり単位時間あたりに配達できる手紙の量が向上しました。

 

この一時保管場所を「スプーリングエリア」と名付けました。ポストくんは、スプーリングエリアから順番に手紙を取り出し、効率よく配達を行いました。スループットが向上したおかげで、手紙は適切なタイミングで確実に配達されるようになり、受取人も満足したのです。

 

実際のIT用語としての「スプーリング」は、コンピュータが複数のジョブを一時的に保管し、その後、順番に処理していく技術を指します。スプーリングによって、システムのスループットが向上し、全体の作業効率が良くなるのです。具体的には、プリンタなどの出力装置が他のタスクを行っている間、データを一時的にディスクなどに保存し、後で順番に出力する方法です。

② 実際の事例

ある大手企業では、毎日膨大な量の印刷物が必要でした。営業資料、報告書、案内状など、さまざまなドキュメントがオフィスの至る所で必要とされています。しかし、限られた数のプリンタで全ての印刷を同時に行うことはできませんでした。

そこで彼らは、スプーリングシステムを導入しました。社員が印刷を依頼すると、そのデータは一時的にサーバー上の「スプーリングエリア」に送られます。そして、プリンタが使用可能になると、スプーリングされたデータが順番にプリンタに送られ、印刷されるのです。このスプーリングのおかげで、スループット、すなわち単位時間あたりに処理できる印刷物の量が向上し、生産性が飛躍的にアップしました。

社員は印刷を待つ時間を大幅に減らすことができ、緊急のドキュメントが必要な時は、それを優先してスプーリングすることも可能になり、効率的なタスク管理が行えるようになったのです。

➂ クイズや小テスト

  1. スプーリングはどのような機能を果たしますか?
    • A. データの暗号化
    • B. データを一時的に保管して順番に処理する
    • C. インターネット速度を速くする
  2. スプーリングが特に役立つのはどんな時ですか?
    • A. データが少ない時
    • B. 処理デバイスが忙しい時
    • C. インターネットが繋がらない時
  3. スプーリングを利用したプリンターの印刷で、単位時間あたりの仕事量を示す言葉は何ですか?
    • A. レイテンシー
    • B. キャパシティ
    • C. スループット

回答:

  1. B. データを一時的に保管して順番に処理する
  2. B. 処理デバイスが忙しい時
  3. C. スループット

コメント

タイトルとURLをコピーしました