【中学生でもわかるIT用語】サニタイジングとは 物語と実際の事例でわかりやすく解説

『サ行』の用語

サニタイジング

① 物語性を取り入れた説明

昔々、ある村に「言葉の魔法使い」という人がいました。この魔法使いは、村人が話す言葉を魔法で美しく変えることができました。例えば、村人が「今日は悪い日だ」と言うと、魔法使いはそれを「今日は学びの多い日だ」というポジティブな言葉に変えてしまいます。

しかし、この魔法には大切なルールがありました。魔法使いは、言葉を変えるときに、村人の発言の本来の意味を尊重しなければなりませんでした。そうすることで、村は平和に、そして前向きに保たれていました。

これが「サニタイジング」のたとえ話です。サニタイジングでは、ウェブアプリケーションに送られるデータ(言葉)をチェックし、危険な部分(ネガティブな言葉)を安全な形(ポジティブな言葉)に変えます。これにより、セキュリティを保ちながら、元の意図を維持することができます。

実際のIT用語の定義

サニタイジング:ウェブアプリケーションに送信されたデータから悪意のあるコードやコンテンツを特定し、除去または無害化するプロセス。このプロセスにより、セキュリティリスクを軽減しつつ、正常な機能を維持する。

② 実際の事例

ある大手オンラインショッピングサイトでは、サニタイジングを用いてユーザーレビューの安全性を確保しています。ユーザーが商品レビューに悪意のあるスクリプトやHTMLコードを含めると、そのコードは自動的に無害なテキストに変換されます。これにより、他のユーザーがそのレビューを閲覧しても、セキュリティリスクにさらされることはありません。

また、ある自治体のウェブサイトでは、市民からのオンラインフィードバックフォームにサニタイジングを適用しています。市民がフィードバックを入力する際、サニタイジングプロセスにより悪意のあるコードが除去され、ウェブサイトのセキュリティを保ちながら、市民の意見を安全に収集することが可能になります。

➂ クイズや小テスト

クイズ1

サニタイジングの主な目的は何ですか?

A. データの速度を向上させる
B. 悪意のあるコードを除去する
C. ウェブサイトのデザインを改善する

クイズ2

サニタイジングが一般的に適用されるのは、どのような場合ですか?

A. ユーザーからのデータ入力時
B. ウェブサイトのローディング時
C. ウェブサイトのバックアップ時

クイズ3

サニタイジングにより、何が防げると考えられていますか?

A. ウェブサイトのダウンタイム
B. クロスサイトスクリプティング攻撃
C. インターネットの遅延

回答

クイズ1の答え:B. 悪意のあるコードを除去する
クイズ2の答え:A. ユーザーからのデータ入力時
クイズ3の答え:B. クロスサイトスクリプティング攻撃

ソフトウェア開発技術者平成20年春期 午前問70

ソフトウェア開発技術者平成20年春期問70 サニタイジング

コメント

タイトルとURLをコピーしました