【中学生でもわかるIT用語】ポートスキャンとは 物語と実際の事例でわかりやすく解説

『ハ行』の用語

ポートスキャン

① 物語性を取り入れた説明

ある日、高名な探偵がある企業A社から依頼を受けました。そのA社は、自社のネットワークが何者かによって制限されたエリアも含めて監視されている可能性があると疑っていました。

探偵はまず、A社のネットワークに対してポートスキャンという技術を使って調査を開始しました。

この技術では、企業のネットワークに接続されているサーバーやコンピュータに対して、外部から接続要求を送ります。それぞれの機器は、特定の「ポート」と呼ばれる通信の入口を持っており、探偵はこれらのポートを一つ一つチェックしました。

探偵が送った接続要求に対して、サーバーやコンピュータからは応答が返ってきます。応答の種類によって、そのポートが開いているか閉じているか、どのようなサービスが動作しているかが分かります。開いているポートがあれば、そこから不正アクセスされるリスクがあります。探偵は、返ってきた応答を細かく分析し、どのポートがリスクにさらされているかを特定しました。

この調査を通じて、探偵は企業のネットワークに対する監視活動の証拠を見つけ出し、それをもとに企業がセキュリティ対策を講じることができました。

めでたしめでたし、、、と思うかもしれませんが、もし名探偵が悪の探偵だったら??

そう、ポートスキャンはどこから攻撃すればよいかを調べることにも使われる技術なのです。

 

実際のIT用語の定義: ポートスキャンとは、コンピュータネットワーク上の機器に対して、外部から接続要求を送り、返ってくる応答を分析することで、通信可能なポートをシステマティックに調査し、どのようなサービスが動作しているかを確認する行為です。この手法は、セキュリティ評価や不正アクセスのリスクを調査するために用いられます。

② 実際の事例

企業や自治体では、ポートスキャンをセキュリティ対策の一環として利用しています。

例えば、ある都市の自治体では、公共のネットワークシステムに対して定期的にポートスキャンを行い、外部からの不正アクセスの可能性を監視しています。この自治体は、ポートスキャンを通じて未承認のサービスが動作している開いているポートを特定し、それらを閉鎖またはセキュリティ強化することで、サイバー攻撃による被害を防いでいます。

また、ある大企業では、ITインフラの脆弱性を定期的にチェックするためにポートスキャンを使用しています。この企業は、ポートスキャンの結果を基に、不正アクセスのリスクを減らすための対策を実施しており、企業のデータとシステムの安全性を高めています。

これらの事例から、ポートスキャンがいかに重要なセキュリティツールであるかがわかります。これにより、企業や自治体は、ネットワークの脆弱性を発見し、情報漏洩やサイバー攻撃のリスクを低減することができます。

クイズ1 ポートスキャンによって主に何が分かりますか?

A. インターネットの速度
B. 通信可能なポートとそのサービス
C. コンピュータの電源が入っているかどうか

クイズ2 ポートスキャンを実施する際、何をもとにポートの状態を判断しますか?

A. パスワードの強度
B. インターネットの使用履歴
C. 返ってくる応答

クイズ3 ポートスキャンはどのような目的で行われることが多いですか?

A. セキュリティ評価や不正アクセスのリスクを調査するため
B. インターネットの速度を測定するため
C. メールの送受信の速度を向上させるため

回答

クイズ1: B. 通信可能なポートとそのサービス
クイズ2: C. 返ってくる応答
クイズ3: A. セキュリティ評価や不正アクセスのリスクを調査するため

コメント

タイトルとURLをコピーしました