【中学生でもわかるIT用語】ジャーナリングとは 物語と実際の事例でわかりやすく解説

『サ行』の用語

ジャーナリング

① 物語性を取り入れた説明

ある日、ユウコは中学校の情報科の授業で「ジャーナリング」という言葉を初めて聞きました。先生は、わかりやすく説明するために、日記をつけることに例えました。

「みんなが毎日の日記を書くように、コンピュータもデータの変更を記録しているんだ」と先生が言いました。「たとえば、学校の成績を管理するコンピュータがあるとしましょう。もし成績データが突然消えたら大変だよね?でも、コンピュータがジャーナリングを使っていると、データが消えても簡単に元に戻すことができるんだ。」

ユウコは興味深々で、先生にもっと詳しく聞きました。

先生は言いました。「ジャーナルはデータの変更内容を記録する特別なログファイルということだよ。例えるなら、ユウコが自分の部屋を掃除しているときに、部屋のどこに何があるかをメモしておくようなものだね。そして、何かを動かすたびにそのメモを更新する。もし突然何かが紛失したとしても、そのメモを見れば元の場所に戻せるよね?ジャーナリングも同じように、データの変更を一つ一つ記録して、問題が起きたときにその記録を元にデータを元に戻せるんだ。」

ユウコはさらに深く理解し、「ジャーナリングって、データを守るための日記みたいなものなんだね」と納得しました。

「でも先生、ジャーナリングってどうやって実際に行われているの?」

「いい質問だね、ユウコ。コンピュータでは、ジャーナルという特別なログファイルに変更内容がまず記録されるんだ。そして、その内容が正しく記録されたことを確認した後で、本来のデータが変更される。この方法を使うと、たとえシステムが途中で故障しても、ジャーナルを見てデータを元に戻すことができるんだ。」

「なるほど、ジャーナルっていうのはその特別なログファイルのことなんだね。じゃあ、ジャーナリングファイルシステムって何?」

ジャーナリングファイルシステムは、データの変更を追跡するための仕組みだよ。例えるなら、ユウコが日記をつけるだけでなく、その日記にどんな内容が追加されたかを常に記録しているようなものだ。たとえば、NTFSEXT4というファイルシステムがその例だよ。これらのファイルシステムでは、ファイルの作成、削除、変更といった操作がすべてジャーナルに記録されてから実行されるから、安全にデータを管理できるんだ。」

ユウコは感心しながら、「だからファイルが突然消えたり壊れたりすることが少なくなるんだね。とても便利な技術だね」と言いました。

ジャーナリングの定義:ジャーナリングとは、データベースやファイルシステムがデータの変更を追跡し、障害発生時にデータを一貫性のある状態に復元するための技術です。具体的には、データの変更を行う前に変更内容を「ジャーナル」というログに記録し、実際のデータの変更が行われます。このプロセスにより、障害発生時にはジャーナルを基にデータを復元することができます。

② 実際の事例

企業でのジャーナリング使用例

多くの企業では、重要なデータを保護するためにジャーナリングを利用しています。たとえば、銀行では顧客の口座データを扱うシステムでジャーナリングを活用しています。銀行のシステムが取引情報を更新するたびに、その変更内容をまずジャーナルに記録し、その後で実際の口座データを更新します。これにより、システム障害が発生しても、ジャーナルを参照して正しい取引情報を復元できるのです。

自治体でのジャーナリング使用例

自治体でも住民情報を管理するシステムでジャーナリングが使われています。例えば、住民登録情報や税金情報などの重要なデータは、更新時にまずジャーナルに記録され、その後にデータベースが更新されます。これにより、システムがダウンした場合でも、ジャーナルからデータを復元することができ、住民サービスに影響を与えることなく迅速に復旧が可能です。

③ クイズや小テスト

クイズ1 ジャーナリングとは何をする技術ですか?

A. データの変更を追跡し、障害発生時にデータを復元する
B. インターネットの接続速度を向上させる
C. コンピュータの起動時間を短縮する

クイズ2 銀行がジャーナリングを利用する目的は何ですか?

A. 顧客の取引情報を素早く消去するため
B. システム障害時に正しい取引情報を復元するため
C. 口座データを自動的に更新するため

クイズ3 ジャーナリングファイルシステムの例はどれですか?

A. FAT32
B. NTFS
C. exFAT

回答

  1. A. データの変更を追跡し、障害発生時にデータを復元する
  2. B. システム障害時に正しい取引情報を復元するため
  3. B. NTFS

コメント

タイトルとURLをコピーしました