【中学生でもわかるIT用語】IPアドレスのクラスとは 物語と実際の事例でわかりやすく解説

『I』から始まる用語

IPアドレスのクラス

① 物語性を取り入れた説明: IPアドレスのクラス

中学生のケンタがコンピュータクラブの先生にIPアドレスのクラスについて質問しました。

ケンタ: 先生、IPアドレスのクラスって何ですか?どのように判別するのですか?

先生: ケンタ、IPアドレスのクラスは、インターネット上での住所システムのようなものだよ。アドレスの先頭のビット数によってクラスが決まるんだ。例えば、クラスAのアドレスは先頭のビットが0で始まる。表を使って説明するとこんな感じだよ。アドレスは10進法で表記されることもあるから要注意だよ。

クラス 先頭のビット 先頭8ビットの10進表記 ネットワークの規模
クラスA 0 0 – 127 大規模ネットワーク
クラスB 10 128 – 191 中規模ネットワーク
クラスC 110 192 – 223 小規模ネットワーク
クラスD 1110 224 – 239 マルチキャスト用
クラスE 1111 240 – 255 実験・研究用

ケンタ: なるほど、先頭のビットと10進表記でクラスを区別するんですね!

先生: その通り。この分類によって、インターネット上でのデバイスの位置やネットワークの大きさが決まるんだよ。

実際のIT用語の定義:
IPアドレスのクラスは、インターネットプロトコル(IP)アドレスを大規模、中規模、小規模ネットワークに分けるためのカテゴリーです。各クラスはアドレスの範囲と利用可能なネットワーク数、ホスト数を定義します。

 

② 実際の事例

IPアドレスのクラスの使用例:

クラスA: 大企業や大学などの大規模組織が利用。

クラスB: 中規模の企業や組織に適しており、バランスの取れたネットワークとホストの数を提供。

クラスC: 小規模のネットワークに適しており、より多くのネットワークと少数のホストを提供。

③ クイズや小テスト

クイズ1: IPアドレスのクラスAはどのような組織に適していますか?

A. 小規模企業
B. 大規模企業
C. 個人ユーザー

クイズ2: クラスCのIPアドレスは何に適していますか?

A. 大規模ネットワーク
B. 特殊用途
C. 小規模ネットワーク

クイズ3: IPアドレスのクラスは何を基に分けられていますか?

A. デバイスのタイプ
B. ネットワークの規模
C. 地理的位置

回答:

クイズ1の回答: B. 大規模企業
クイズ2の回答: C. 小規模ネットワーク
クイズ3の回答: B. ネットワークの規模

応用情報技術者平成22年秋期 午前問35

IPアドレス 192.168.10.10 のアドレスクラスはどれか。

ア: クラスA
イ: クラスB
ウ: クラスC
エ: クラスD

回答

先頭ビットが110 (先頭8ビットの10進表記が192~223)であるため。

192を2進数表記にすると 1100 0000 となる、先頭ビットがクラスCである「110」となることが分かる。

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました