【中学生でもわかるIT用語】GISとは 物語と実際の事例でわかりやすく解説

『G・H』から始まる用語

GIS

① 物語性を取り入れた説明: 「GIS」

新入社員のアキラは、ある日、鈴木課長に「GIS」について教えてもらう機会がありました。

アキラ: 「鈴木課長、『GIS』って何ですか?最近よく聞くんですけど、具体的にどういう意味なんですか?」

鈴木課長: 「いい質問だね、アキラ。『GIS』とは『Geographic Information System』の略で、地理情報システムのことなんだ。地図上にデータを重ねて表示し、分析するためのツールなんだよ。」

アキラ: 「地図上にデータを重ねるって、具体的にはどういうことですか?」

鈴木課長: 「例えば、ある地域の人口密度や交通量、気温などの情報を地図上に表示して、一目でわかるようにするんだ。これにより、地域の特性を理解しやすくなるんだよ。例えば、避難経路を考えるときに、災害発生時の被害予測データと避難所の位置情報を重ねることで、どの避難所が使いやすいかがわかるんだ。」

アキラ: 「なるほど、それは便利ですね。でも、どんな技術を使っているんですか?」

鈴木課長: 「基本的には、地図データをコンピュータで扱いやすい形に変換して、それを解析・表示するためのソフトウェアが使われているんだ。最近では、クラウド技術やビッグデータ解析も組み合わせて、より高度な分析ができるようになっているよ。具体的には、以下の技術が必要なんだ。」

GISに必要な技術
  • 地理情報データの収集: 衛星画像、航空写真、地上センサーなどからデータを収集する。
  • データベース管理システム(DBMS): 地理情報を効率的に保存・管理するためのシステム。
  • 地理情報の解析ソフトウェア: 地理情報を解析し、視覚化するためのツール。
  • クラウド技術: 大量の地理情報データを保存・解析するためのインフラ。
  • ビッグデータ解析: 大量のデータを解析し、有用な情報を抽出する技術。

アキラ: 「それで、GISはどんな場面で使われているんですか?」

鈴木課長: 「いろんな場面で使われているよ。例えば、都市計画や交通管理、環境保護、防災対策など、地理情報が重要な役割を果たす分野で活躍しているんだ。」

アキラ: 「具体的な例があれば教えてください。」

鈴木課長: 「例えば、石巻市では、GISとAR技術を利用した防災街歩きプロジェクトを行っているんだ。地図上でに震災直後の写真を配置して被災の凄惨さや防災意識を高めるのに役立てているよ」

アキラ: 「なるほど、GISは本当に便利なツールなんですね。」

鈴木課長: 「そうだね。主要なツールとしてはESRIのArcGISが最もシェアが高いソフトウェアで高度な分析機能を持ってて人気だよ。あとはPreciselyのMapInfoも使いやすさが特徴で人気だよ。」

GISの定義: GIS(Geographic Information System)とは、地理情報を収集、管理、分析、表示するためのシステムです。地図上にデータを重ねて表示し、さまざまな視点から情報を分析することで、地域の特性や問題点を把握しやすくなります。

② 実際の事例: 企業や自治体などで「GIS」の使用例

企業/自治体 使用例 具体的な効果
石巻市 防災 防災まちあるき 東日本大震災の津波の被害の伝承と防災意識の強化
東京都豊島区 業務改善 GISポータル構築による業務改善
OpenStreet

位置情報
分析

シェアサイクルステーション網の拡大

③ クイズや小テスト: 「GIS」の理解を確認するためのクイズ

クイズ1 GISの主な目的は何ですか?

A. 地図を作成すること
B. 地理情報を分析し、視覚化すること
C. データベースを管理すること

クイズ2 GISが最も効果的に使われる場面はどれですか?

A. 音楽の作曲
B. 交通渋滞の分析
C. 電子メールの送信

クイズ3 GISを利用して最適化できるのは次のうちどれですか?

A. 書籍の分類
B. 市民の避難経路
C. コンピュータのハードウェア構成

回答
  1. B
  2. B
  3. B

コメント

タイトルとURLをコピーしました